Page: 1/1   
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
「貯株」生涯資金づくりの新常識―データが実証!5年・10年後の驚くべき投資効果 |井上 雅文
まず、順番に考えて見ましょうね。

■出産から22年間、こども一人にかかる総費用としては、
基本的養育費(こども1人に22年間かかる費用)

出産・育児費用 約89万円
22年間の食費 約702万円
22年間の衣料費 約159万円
22年間の保健医療・理容美容費 約173万円
22年間のお小遣い代 約469万円
こどもの私的所有物代 約88万円
合計 約1680万円

+これに、付随して

教育費(私立・公立別の教育にかかる費用)
幼稚園2年間 公立 約64万円
私立 約124万円
小学校6年間 公立 約276万円
私立 約777万円
中学校3年間 公立 約196万円
私立 約396万円
高校3年間 公立 約190万円
私立 約424万円
大学4年間 国立 約453万円
私立文系 約549万円
私立理系 約650万円
私立医・理系 約2900万円

教育費は幼稚園から高校まで
     公立、大学も国立でいっても総費用1179万円!

こども一人にかかる養育費1680+教育費1179=総額2850万円!

※2001AIUの現代子育て経済学より

となりますが、

養育費は生活費からなんとか捻出するとしても、教育費
早い段階で準備していくことが大事そうですよ!




続きを読む >>
| tozanbiz | 01:05 | comments(4) | trackbacks(1) |
商品先物取引の特徴

他の取引との違い

商品先物取引の特徴のひとつとして取引期限限月(げんげつ)」というものがあります。




このように、
同じ商品の中でもいくつかの限月が設定されており、それぞれについて取引が行われています。
続きを読む >>
| tozanbiz | 18:42 | comments(0) | trackbacks(1) |
商品先物取引とは?

商品先物取引とは、
将来のある時点での商品の受け渡しを、現時点の価格で
約束する取引のことです。



たとえば、
まだ収穫時期になっていない作物を生産している農家の人は、
収穫時にいくらで売れるのか、流通業者が事前に必要な作物を
手に入れることができるのかどうか、などといった心配を解消する
仕組みとして、この取引を利用することができます。



続きを読む >>
| tozanbiz | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
金融取引
金融取引とは、

基本的に資金の貸借取引であり、現在の購買力と将来の購買力とを
交換するという異時点間の取引である。


資金の貸借取引において、
通常、将来時点で返済される資金と現時点で貸し出される資金の額は
一致しない。


続きを読む >>
| tozanbiz | 16:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
商品先物取引では、少ない資金で大きな取引
少ない資金で大きな取引

商品先物取引では、
銘柄や取引所ごとに取引される単位が決まっていて、なら1kg
なら60kgなどというようにあらかじめ決まった単位での売買が
行われています。


それぞれの取引単位は「枚」と呼ばれ、例えば3枚ならば、
1単位(60kg)×3枚=180kg分の取引をしているということです。

続きを読む >>
| tozanbiz | 18:49 | comments(0) | trackbacks(3) |
投資の概念は
投資とは、

総じて将来的に増加して自らに返ってくることを期待して、
現在自己が持つものを投じる行為である。


投資は、狭義では経済において、
将来的に資本を増加させるために、現在の資本を投じる活動を指す
(現代において、商業活動はこれに含まない)。



投資は、広義では、人間関係や親子関係においても使われる。
積極的に事物が成長するために必要なことである。

続きを読む >>
| tozanbiz | 15:13 | comments(0) | trackbacks(0) |